etc Archive

  • 礼とはどういうことかと申しますと、ひらたくいえば、素直な心になって感謝と敬愛を表する態度であると思います。むずかしくいいますと、宇宙の秩序(真理)に順応したところの生活態度であります。 宇宙の秩序 - これを私は第一義的秩序といっておりますが - は、すなわち天地自然の理であって、宇宙根源の力(神といいかえてもいいと思います)から人間、万物に指し示された道であります。これに順応していく生活態度が礼であり、そこから人間社会の秩序が組み立てられていくと思うのであります。この人間社会の秩序を、さきに述べた第一義的秩序に対しまして、第二義的秩序といっておりますが、これはわれわれ現実の社会に具体的に現れた秩序であります。つまり天地自然の理に順応していくところの生活態度が礼であります。これは人間社会の秩序の基であり、この礼を踏み行なうところから平和の道がひらけていくと思うのであります。 宇宙根源の力と人間とのつながりについては、右(下)に示してありますとおり、生命力の線と、心的法則の線と、物的法則の線の三本で結ばれております。これによって宇宙の秩序に順応した生活態度というものは、第一に生命力の線、すなわち生命力を与えている宇宙根源の力に対する感謝であり、第二に心的法則の線、すなわち人間の心と心との交わりに対する喜び、敬愛であり、第三に物的法則の線、すなわち物に対する尊重の三つの姿となるわけであります。したがって、礼も三つに分けて考えられるのであります。     第一の礼: 素直な心になって宇宙根源の力に対し感謝と敬意を表すことであり、人間をつくり、万物をつくり、そのすべてを動かしていく基本的な力に対し、感謝と祈念とをささげることであります。これはいわば宗教であり信仰であります。 第二の礼: 素直な心になってお互いに愛しあい、尊敬しあうことであります。これは人倫であり道徳であります。 第三の礼: 素直な心になって物を尊重することであります。それぞれの物を生かして大事に使うことであります。これは経済であります。 このように礼は三つに分かれますが、人に対する礼も物に対する礼も、万物をつくりこれを動かしている宇宙根源の力に対する礼を基として組み立てられていくと思うのであります。 「松下幸之助の哲学」-松下幸之助 著

    礼の精神

    礼とはどういうことかと申しますと、ひらたくいえば、素直な心になって感謝と敬愛を表する態度であると思います。むずかしくいいますと、宇宙の秩序(真理)に順応したところの生活態度であります。 宇宙の秩序 - これを私は第一義的秩序といっておりますが - は、すなわち天地自然の理であって、宇宙根源の力(神といいかえてもいいと思います)から人間、万物に指し示された道であります。これに順応していく生活態度が礼であり、そこから人間社会の秩序が組み立てられていくと思うのであります。この人間社会の秩序を、さきに述べた第一義的秩序に対しまして、第二義的秩序といっておりますが、これはわれわれ現実の社会に具体的に現れた秩序であります。つまり天地自然の理に順応していくところの生活態度が礼であります。これは人間社会の秩序の基であり、この礼を踏み行なうところから平和の道がひらけていくと思うのであります。 宇宙根源の力と人間とのつながりについては、右(下)に示してありますとおり、生命力の線と、心的法則の線と、物的法則の線の三本で結ばれております。これによって宇宙の秩序に順応した生活態度というものは、第一に生命力の線、すなわち生命力を与えている宇宙根源の力に対する感謝であり、第二に心的法則の線、すなわち人間の心と心との交わりに対する喜び、敬愛であり、第三に物的法則の線、すなわち物に対する尊重の三つの姿となるわけであります。したがって、礼も三つに分けて考えられるのであります。     第一の礼: 素直な心になって宇宙根源の力に対し感謝と敬意を表すことであり、人間をつくり、万物をつくり、そのすべてを動かしていく基本的な力に対し、感謝と祈念とをささげることであります。これはいわば宗教であり信仰であります。 第二の礼: 素直な心になってお互いに愛しあい、尊敬しあうことであります。これは人倫であり道徳であります。 第三の礼: 素直な心になって物を尊重することであります。それぞれの物を生かして大事に使うことであります。これは経済であります。 このように礼は三つに分かれますが、人に対する礼も物に対する礼も、万物をつくりこれを動かしている宇宙根源の力に対する礼を基として組み立てられていくと思うのであります。 「松下幸之助の哲学」-松下幸之助 著

  • 人間には、万物の王者としての偉大な天命がある。かかる天命の自覚に立っていっさいのものを支配活用しつつ、よりよき共同生活を生み出す道が、すなわち人間道である。 人間道は、人間をして真に人間たらしめ、万物をして真に万物たらしめる道である。 それは、人間万物いっさいをあるがままにみとめ、容認するところからはじまる。すなわち、人も物も森羅万象すべては、自然の摂理によって存在しているのであって、一人一物たりともこれを否認し、排除してはならない。そこに人間道の基がある。 そのあるがままの容認の上に立って、いっさいのものの天与の使命、特質を見きわめつつ、自然の理法に則して適切な処置、処遇を行い、すべてを生かしていくところに人間道の本義がある。この処置、処遇をあやまたず進めていくことこそ、王者たる人間共通の尊い責務である。 かかる人間道は、豊かな礼の精神と衆知にもとづくことによってはじめて、円滑により正しく実現される。すなわち、つねに礼の精神に根ざし衆知を生かしつつ、いっさいを容認し適切に処遇を行なっていくところから、万人万物の共存共栄の姿が共同生活の各面におのずと生み出されてくるのである。 政治、経済、教育、文化その他、物心両面にわたる人間の諸活動はすべて、この人間道にもとづいて力づよく実践していかなければならない。そこから、いっさいのものが、そのときどきに応じ、そのところを得て、すべてが調和のもとに生かされ、共同生活全体の発展と向上が日に新たに創成されるのである。 まさに人間道こそ人間の偉大な天命を如実に発揮させる大道である。ここに新しい人間道を提唱するゆえんである。 昭和五十年一月 松下幸之助

    新しい人間道の提唱

    人間には、万物の王者としての偉大な天命がある。かかる天命の自覚に立っていっさいのものを支配活用しつつ、よりよき共同生活を生み出す道が、すなわち人間道である。 人間道は、人間をして真に人間たらしめ、万物をして真に万物たらしめる道である。 それは、人間万物いっさいをあるがままにみとめ、容認するところからはじまる。すなわち、人も物も森羅万象すべては、自然の摂理によって存在しているのであって、一人一物たりともこれを否認し、排除してはならない。そこに人間道の基がある。 そのあるがままの容認の上に立って、いっさいのものの天与の使命、特質を見きわめつつ、自然の理法に則して適切な処置、処遇を行い、すべてを生かしていくところに人間道の本義がある。この処置、処遇をあやまたず進めていくことこそ、王者たる人間共通の尊い責務である。 かかる人間道は、豊かな礼の精神と衆知にもとづくことによってはじめて、円滑により正しく実現される。すなわち、つねに礼の精神に根ざし衆知を生かしつつ、いっさいを容認し適切に処遇を行なっていくところから、万人万物の共存共栄の姿が共同生活の各面におのずと生み出されてくるのである。 政治、経済、教育、文化その他、物心両面にわたる人間の諸活動はすべて、この人間道にもとづいて力づよく実践していかなければならない。そこから、いっさいのものが、そのときどきに応じ、そのところを得て、すべてが調和のもとに生かされ、共同生活全体の発展と向上が日に新たに創成されるのである。 まさに人間道こそ人間の偉大な天命を如実に発揮させる大道である。ここに新しい人間道を提唱するゆえんである。 昭和五十年一月 松下幸之助

  • 宇宙に存在するすべてのものは、つねに生成し、たえず発展する。万物は日に新たであり、生成発展は自然の理法である。 人間には、この宇宙の働きに順応しつつ万物を支配する力が、その本性として与えられている。人間は、たえず生成発展する宇宙に君臨し、宇宙にひそむ偉大なる力を開発し、万物に与えられたるそれぞれの本質を見出しながら、これを生かし活用することによって、物心一如の真の繁栄を生み出すことができるのである。 かかる人間の特性は、自然の理法によって与えられた天命である。 この天命が与えられているために、人間は万物の王者となり、その支配者となる。すなわち人間は、この天命に基づいて善悪を判断し、是非を定め、いっさいのものの存在理由を明らかにする。そしてなにものもかかる人間の判定を否定することはできない。まこのに人間は崇高にして偉大な存在である。 このすぐれた特性を与えられた人間も、個々の現実の姿を見れば、必ずしも公正にして力強い存在とはいえない。人間はつねに繁栄を求めつつも往々にして貧困に陥り、平和を願いつつもいつしか争いに明け暮れ、幸福を得んとしてしばしば不幸におそわれてきている。 かかる人間の現実の姿こそ、みずからに与えられた天命を悟らず、個々に利害得失や知恵才覚にとらわれて歩まんとする結果にほかならない。 すなわち、人間の偉大さは、個々の知恵、個々の力ではこれを十分に発揮することはできない。古今東西の先哲諸聖をはじめ幾多の人びとの知恵が、自由に、何のさまたげも受けずして高められつつ融合されていくとき、その時々の総和の知恵は衆知となって天命を生かすのである。まさに衆知こそ、自然の理法をひろく共同生活のうえに具現せしめ、人間の天命を発揮させる最大の力である。 まことに人間は崇高にして偉大な存在である。お互いにこの人間の偉大さを悟り、その天命を自覚し、衆知を高めつつ生成発展の大業を営まなければならない。 長久なる人間の使命は、この天命を自覚実践することにある。この使命の意義を明らかにし、その達成を期せんがため、ここに新しい人間観を提唱するものである。 昭和四十七年五月 松下幸之助

    新しい人間観の提唱

    宇宙に存在するすべてのものは、つねに生成し、たえず発展する。万物は日に新たであり、生成発展は自然の理法である。 人間には、この宇宙の働きに順応しつつ万物を支配する力が、その本性として与えられている。人間は、たえず生成発展する宇宙に君臨し、宇宙にひそむ偉大なる力を開発し、万物に与えられたるそれぞれの本質を見出しながら、これを生かし活用することによって、物心一如の真の繁栄を生み出すことができるのである。 かかる人間の特性は、自然の理法によって与えられた天命である。 この天命が与えられているために、人間は万物の王者となり、その支配者となる。すなわち人間は、この天命に基づいて善悪を判断し、是非を定め、いっさいのものの存在理由を明らかにする。そしてなにものもかかる人間の判定を否定することはできない。まこのに人間は崇高にして偉大な存在である。 このすぐれた特性を与えられた人間も、個々の現実の姿を見れば、必ずしも公正にして力強い存在とはいえない。人間はつねに繁栄を求めつつも往々にして貧困に陥り、平和を願いつつもいつしか争いに明け暮れ、幸福を得んとしてしばしば不幸におそわれてきている。 かかる人間の現実の姿こそ、みずからに与えられた天命を悟らず、個々に利害得失や知恵才覚にとらわれて歩まんとする結果にほかならない。 すなわち、人間の偉大さは、個々の知恵、個々の力ではこれを十分に発揮することはできない。古今東西の先哲諸聖をはじめ幾多の人びとの知恵が、自由に、何のさまたげも受けずして高められつつ融合されていくとき、その時々の総和の知恵は衆知となって天命を生かすのである。まさに衆知こそ、自然の理法をひろく共同生活のうえに具現せしめ、人間の天命を発揮させる最大の力である。 まことに人間は崇高にして偉大な存在である。お互いにこの人間の偉大さを悟り、その天命を自覚し、衆知を高めつつ生成発展の大業を営まなければならない。 長久なる人間の使命は、この天命を自覚実践することにある。この使命の意義を明らかにし、その達成を期せんがため、ここに新しい人間観を提唱するものである。 昭和四十七年五月 松下幸之助

  • フランスの画家,彫刻家。後期印象派を代表する一人。ゴーガンとも呼ばれる。パリに生まれ…

    われわれはどこから来たのか。われわれは何か。われわれはどこへ行くのか。

    フランスの画家,彫刻家。後期印象派を代表する一人。ゴーガンとも呼ばれる。パリに生まれ…

  • 南無根源!松下幸之助の宗教観(一部抜粋) ― 谷口全平 - 「PHP運動の狙うところの一つは宗教の復興でありまして、仏教といわずキリスト教といわず、すべての宗教が正しい形において十分に受け入れられなければ、決して人々は幸福になれないのであります。そしてこれを基礎として物質文化が進み、科学と宗教が一体となって発展していくところに、真の繁栄平和が生まれてくると信じているのであります。」 「正しい宗教というものは、人間に奉仕するというか、お互いの日々の生活をより高く、よりゆたかなものにし、この世に真の繁栄、平和、幸福を生み出す一つの基盤となるものだということである。実際、そういうものでなければ、宗教の意義はないと言っても過言ではないであろう。その意味では、たとえば過去に幾多見られた宗教戦争のように、宗教のためにお互い人間が相争うといったことがあってはならない。宗教はやはり、あくまでも人間のためのものであり、宗教のために人間が犠牲になるというようなことは決して許されないと思う。そしてそのためには、それぞれの宗教は、その形はどうであれ、その根本においては恒久普遍の真理に立脚しなければならないし、しかもその時代時代にふさわしい説き方、教え方がなされなければならない。」 「繁栄の基」という「ことば」: 「限りない繁栄と平和と幸福とを、真理は、われわれ人間に与えています。人間が貧困や不安に悩むのは、人知にとらわれ、真理をゆがめているからであります。お互いに素直な心になって、真理に順応することに努め、身も心も豊かな住みよい社会をつくらねばなりません。」 「大部分は自然の力によって仕組まれ、裏づけられているではないかと思うのであります。すなわち人間がみずから考え、そして働く部分は、全体から見れば百分の一、二百分の一であって、大部分は自然によってすでに仕組まれ、裏づけられていると思うのであります。それを人間が少しずつ探し求めていくにすぎないのであります。」 「根源の社」: 「宇宙根源の力は、万物を存在せしめ、それらが生成発展する源泉となるものであります。 その力は、自然の理法として、私どもお互いの体内にも脈々として働き、一木一草のなかにまで、生き生きとみちあふれています。私どもは、この偉大な根源の力が宇宙に存在し、それが自然の理法を通じて、万物に生成発展の働きをしていることを会得し、これに深い感謝と祈念のまことをささげなければなりません。 その会得と感謝のために、ここに根源の社を設立し、素直な祈念のなかから、人間としての正しい自覚を持ち、それぞれのなすべき道を、力強く歩むことを誓いたいと思います。」 「人間は、たえず生成発展する宇宙に君臨し、宇宙にひそむ偉大なる力を開発し、万物に与えられたるそれぞれの本質を見出しながら、これを活かし活用することによって、物心一如の真の繁栄を生み出すことができる。」 「天地の恵みは、何の分け隔てもなく、われわれ人間に燦々(さんさん)として降り注いでおります。それはあまりに広大なために、無心のごとくに思われます。 この恵みの根源には、万物を生かし人間を生かそうとする宇宙の意志が大きく働いております。この大いなる宇宙の意志を感得し、これに深い喜びと感謝をもち、さらに深い祈念と順応の心をささげることが、信仰の本然の姿であります。 われわれがこの信仰に立ったとき、宇宙の意志がいきいきと働いて、ものを生み出す知恵才覚が涌いてまいります。そこから力強い労作が生まれ、繁栄への道がひらけてまいります。」 「霊魂が宇宙根源の力に帰納し一体化するなら、お墓は建てても先祖代々のもの一本でいいわけやな。それすらも必要ないな。それやったら宇宙根源の神様というか、根源の力というものを祭れば、同時にそれは自分の親の肉体、親の魂を通じてそこへ行っておるのやから、全部祭ることになるな。非常に経済的ですね。」

    南無根源!松下幸之助の宗教観

    南無根源!松下幸之助の宗教観(一部抜粋) ― 谷口全平 - 「PHP運動の狙うところの一つは宗教の復興でありまして、仏教といわずキリスト教といわず、すべての宗教が正しい形において十分に受け入れられなければ、決して人々は幸福になれないのであります。そしてこれを基礎として物質文化が進み、科学と宗教が一体となって発展していくところに、真の繁栄平和が生まれてくると信じているのであります。」 「正しい宗教というものは、人間に奉仕するというか、お互いの日々の生活をより高く、よりゆたかなものにし、この世に真の繁栄、平和、幸福を生み出す一つの基盤となるものだということである。実際、そういうものでなければ、宗教の意義はないと言っても過言ではないであろう。その意味では、たとえば過去に幾多見られた宗教戦争のように、宗教のためにお互い人間が相争うといったことがあってはならない。宗教はやはり、あくまでも人間のためのものであり、宗教のために人間が犠牲になるというようなことは決して許されないと思う。そしてそのためには、それぞれの宗教は、その形はどうであれ、その根本においては恒久普遍の真理に立脚しなければならないし、しかもその時代時代にふさわしい説き方、教え方がなされなければならない。」 「繁栄の基」という「ことば」: 「限りない繁栄と平和と幸福とを、真理は、われわれ人間に与えています。人間が貧困や不安に悩むのは、人知にとらわれ、真理をゆがめているからであります。お互いに素直な心になって、真理に順応することに努め、身も心も豊かな住みよい社会をつくらねばなりません。」 「大部分は自然の力によって仕組まれ、裏づけられているではないかと思うのであります。すなわち人間がみずから考え、そして働く部分は、全体から見れば百分の一、二百分の一であって、大部分は自然によってすでに仕組まれ、裏づけられていると思うのであります。それを人間が少しずつ探し求めていくにすぎないのであります。」 「根源の社」: 「宇宙根源の力は、万物を存在せしめ、それらが生成発展する源泉となるものであります。 その力は、自然の理法として、私どもお互いの体内にも脈々として働き、一木一草のなかにまで、生き生きとみちあふれています。私どもは、この偉大な根源の力が宇宙に存在し、それが自然の理法を通じて、万物に生成発展の働きをしていることを会得し、これに深い感謝と祈念のまことをささげなければなりません。 その会得と感謝のために、ここに根源の社を設立し、素直な祈念のなかから、人間としての正しい自覚を持ち、それぞれのなすべき道を、力強く歩むことを誓いたいと思います。」 「人間は、たえず生成発展する宇宙に君臨し、宇宙にひそむ偉大なる力を開発し、万物に与えられたるそれぞれの本質を見出しながら、これを活かし活用することによって、物心一如の真の繁栄を生み出すことができる。」 「天地の恵みは、何の分け隔てもなく、われわれ人間に燦々(さんさん)として降り注いでおります。それはあまりに広大なために、無心のごとくに思われます。 この恵みの根源には、万物を生かし人間を生かそうとする宇宙の意志が大きく働いております。この大いなる宇宙の意志を感得し、これに深い喜びと感謝をもち、さらに深い祈念と順応の心をささげることが、信仰の本然の姿であります。 われわれがこの信仰に立ったとき、宇宙の意志がいきいきと働いて、ものを生み出す知恵才覚が涌いてまいります。そこから力強い労作が生まれ、繁栄への道がひらけてまいります。」 「霊魂が宇宙根源の力に帰納し一体化するなら、お墓は建てても先祖代々のもの一本でいいわけやな。それすらも必要ないな。それやったら宇宙根源の神様というか、根源の力というものを祭れば、同時にそれは自分の親の肉体、親の魂を通じてそこへ行っておるのやから、全部祭ることになるな。非常に経済的ですね。」